熟年離婚を考える

■熟年離婚が増えた背景

熟年離婚は2002年を境に一時減少していたのですが、2007年4月を迎えるや離婚件数が急増しました。

この要因となったのが年金分割制度です。

一時的に件数が減ったのは、制度が開始されるタイミングを見計らった為とされており、以前の制度では老後の不安を抱えて結局断念してしまっていた専業主婦たちも、離婚を進めやすい状況となっています。

また、したことをオープンにしても社会的差別を受けにくくなってきたことも挙げられます。

昔なら、結婚は一生に一度のことで、夫婦は最後まで添い遂げるべきと捉えられ、離婚した方は性格などに大きな欠陥があるからだと陰口を叩かれてしまうことが多かったようです。

しかし、今はそう珍しいことではなくなりましたし、自ら離婚していることを明かすことにためらいを持つ方は徐々に減っています。

世間体を気にしなくなってきているといえるでしょう。

充実した人生を送るために、熟年離婚に踏み切ったと語る方も多くいます。

また、夫婦でいがみ合う姿を見かねた子供が、親に進めるケースもあるなど、至る経緯は夫婦それぞれ。

社会的に増えた現状に、自分の場合を照らし合わせて考え始めた方もいるでしょう。

■熟年離婚に至る原因とは

熟年を迎え、深い愛情で包まれた夫婦の姿ははたから見ていても微笑ましいものです。

しかし、仲が良さそうに見えても内情は他人からは計り知れません。

夫婦だけが抱える問題や悩みもあり、熟年離婚するに至った原因も夫婦の数だけあるでしょう。

熟年離婚となった場合、離婚を言い出すのは妻側が多いとされます。

仕事ばかりして家庭を振り返らないような夫にとっては、全く予想外のことに思えるのではないでしょうか。

また、一見良好な夫婦関係が築けていても、小さなことの積み重ねで切り出す場合もあります。

大きな原因とされるのライスフォース 口コミが、性格の不一致や価値観の違いです。

夫婦は互いを尊重してこそです。

考え方の違いに苦労していたのが、いつしか爆発してしまった夫婦も多いでしょう。

次は、暴力や酒乱のケースです。

この場合、精神的にも肉体的にもかなり消耗してしまうようです。

浮気による熟年離婚もかなりの数に上るといわれます。

それから、熟年離婚の中には嫁姑問題が要因になることも。

それに、借金にギャンブル癖で家計が崩壊したことがきっかけになる方もいるでしょう。

以上が代表的な熟年離婚の原因と考えられます。

ドクターシーラボ
基礎化粧品人気ランキング
山田養蜂場